新築

風と人が凪がれる『枠の内』の家

2013年4月M邸滑川市

ご先祖様からの、枠の内を継承する
意匠×機能を叶えた納得の設計です。

瓦噴きの屋根はなだらかな傾斜を持ち
とても美しい外観に仕上がりました。

高級旅館をイメージする、重圧のある玄関が出迎えてくれます。
右側の下足箱やコート掛けは、飾り壁で目隠しになっています。

枠の内を各部屋と廊下でぐるりと囲んだ1F。
仕切りの扉を開け放せば、心地よい風が家中に流れ込みます。

継承された枠の内は、家の中心に。天井の高さを利用して
トップライトが設けてあります。ケヤキの大木を利用した
威厳ある風格は、唯一無二。

屋根の形状に合わせた天井高は、空間に開放感を与える。
枠の内とは反対の雰囲気ですが、木の特徴や和のテイストが所々にあふれ
一体化しています。

キッチンとダイニングは、横つながりでスムーズな配膳に気配りを。
大きな窓が、毎日の家族の会話を弾ませてくれます☆